お金の管理は慎重に

また株トレードにおいては資金管理が最重要の課題になります。
大前提として日々の生活費など、なくなった時に困るようなお金を使ってはなりません。
大げさに言うと無くなっても困らない、なくなってもそれが勉強代として納得できるくらいの金額を用意して株トレードをしなければなりません。

株トレードで一番重要な考えは、損切りをきちんとシステマチックに行うという事です。損失を放っておくと半分以下になったり、株式が非上場になって紙切れ同然に陥ることがあります。これを徹底的に避けるため、株式を購入したら一定の下限金額を設定して、それを下回る場合はどんなことがあろうとも売却を行うと癖付ける必要があります。そうすることで損失を最低限に抑える事ができます。

損失は最低限に抑える必要がりますが、利益確定は大幅な値幅になるまではやってはいけません。損切りの時と同様な設定で行ってしまうと、最終的な確定利益が増えることはまずありません。たくさんの損切りの損失を上回るほど、大きな利益を1発で確定させる必要があるのです。

株価の特徴として、一度上昇局面になったら小さな下降を含みつつも大きく上げることが多いです。人間は利益確定の局面では弱気になり、少しの利益で確定してしまう傾向が強いようですが、上昇局面での最上位ないし最上位よりも少しすぎて下降局面に少し入りかけたくらいに売ることが大事です。

これらは一朝一夕ではどうにもなりませんが、システマチックな売買を心がけることで安心のできる資金管理を行う事ができると思います。